Search this site


コンクール

昨日は双子のピアノコンクールでした。

もともと長男のついで(?)に受けたのですが、長男は途中の本選で落選。

双子だけが最後まで残りました。

コンクールと言っても決してレベルの高いものではなく、特に双子の受けた課題曲コースはかなりゆるゆるなレベル。

しかも長男の受けた自由曲コースはみんな違う曲を弾くのでまだいいのですが、課題曲はみんなが同じ曲を弾くので、短い曲をいかに正確に間違えずに、細かいところまで表現できるか、みたいな重箱の隅をつつくような感じでちょっと嫌でした。

実力は正直どんぐりの背比べ状態。

小学校1、2年とかでそんなに表現力があるわけもなく、「あ〜先生にこう言われて弾いてるんだろうな」という感じ。

先生の指導方針が透けて見える感じでした。

とても上手で、曲を自分のものにできてるような子も何人かいましたが。

 

何も分かっていない素人が批判を覚悟で書きますが、生徒がコンクールで賞を獲ることを一番の目的にしているピアノの先生もいると思います。

そういう方って、その一曲に対してたくさんの時間を割いて、すごく細かいところまで指導するんですよね。

先生の言われたとおりに完璧に弾いて、良い賞を獲る。

なんかそういうのって違うんじゃないかな〜と思います。

まあ頑張る理由はその子それぞれだと思うので、賞を獲ることが一番のモチベーションになるならそれでもいいのかな、とも思いますが。

私は自分自身の音楽に対する感性を養ってほしい。

そのためにピアノを習わせていると言っても過言ではないかもしれません。

こう弾きたい!っていうのを自分で思える子になってほしいです。

 

今教えていただいている先生も、その前に教えていただいた先生も、タイプは違いますが素晴らしい先生で、子供たちの感性はとても伸びていると思います。本当にありがたいです。

 

コンクールの結果はと言うと、三男は大失敗。

直前の子がとても上手な子で、ものすごい速さで弾いていて、完全にそれにつられて聞いたこともない速さで弾き始めてしまい、何度もつっかえてしまいました。

でもそれにしては上手だったんですけどね。

でも賞はもらえませんでした。

次男も緊張したのか、何だか急いだようなメリハリの無い演奏でしたが、なんとか銅賞をいただきました。

三男はおそらくピアノに対しては次男より上手いという自信があったと思うので、次男が賞をもらって自分がもらえなかったのがショックだったようで、泣いていました。

でも失敗することは一番の経験だと思うので、かわいそうだけどきっとこれからの糧になると思います。

 

コンクールへの批判を色々書いてしまいましたが、頑張る目的があるのは良いことですよね。

驚いたことに二人とも来年も受けたいそうです。

私は正直、この課題曲コースはもう受けたくないなあ・・・。

posted by saya | 11:16 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
アサガオ

双子が引っ越し前に学校でもらったアサガオの種を家で育てているのですが、10月も終わろうかという今日、花が咲きました。

流石にかなり小さいですが・・・。

もう花が咲くことも無いだろうし、台風の影響でかなりボロボロになってしまったのでもう処分しようかな・・・と考えていたところだったけど、捨てなくてよかった。

アサガオってはじめて家で育てたけど、こんなに長く楽しめるものなんですね。

来年も育ててみようかな。

posted by saya | 14:10 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
折り紙

長男が学校から大量の折り紙を持って帰ってきました。

なんでも今度学校で行われるハロウィンパーティーの景品を、全部一人で作らなければならないんだそうで・・・。

・・・って折り紙60枚くらいありますけど。

長男(不器用)だけで連休中に全部の折り紙を折れるとは思えないので、夫婦で手伝うことにしました。

せっかく景品なので、ちょっと面白い物の方がいいのかな、と思い色々調べてみると、結構可愛いのがあって俄然やる気になってしまい、夫婦で夢中で折りました(笑)

 

youtubeに載ってたカミキィさん作の折り紙たち。

ウサギは残ってた色で折ったら、色が微妙・・・。

ちなみに緑のペンギンは三男が折りました。

双子、どういうわけか折り紙得意なんですよね・・・。

 

花いろいろ

 

星。家にあった折り紙の本に載ってました。

これが一番難しかった!

 

かぼちゃ

 

ジンベエザメとプテラノドン。

微妙・・・

 

いや〜折り紙楽しいですね。

時間を忘れて折ってしまいました。

老後の趣味にしようかしら(笑)

これで連休かなり潰れたわ・・・

posted by saya | 13:23 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
料理教室とプログラミング教室

引っ越し前にやろうかどうしようか悩んでいたわが子たちへの料理教室、ようやく第1回を開催したので、cookingのページに料理教室のページを作ってみました。

久々に新しいコンテンツを作っていたら、以前長男の離乳食を作っていた時のページなんかも見つけ、懐かしくて思わずついでに復活させてみました(笑)

 

話は変わりますが、三男が学校帰りにプログラミング教室のチラシをもらったらしく、「入りたい」と言ってきました。

長男は好奇心が旺盛で次から次へと習い事に入りたがり、「もうこれ以上はできません!」というくらいやっているのですが、双子はどちらもあまり習い事に積極的なほうではなく、長男に比べると習い事はとても少ないです。

そんな三男がやりたいと言ってくれたことが嬉しく、とりあえずダンナ様と双子と一緒に体験教室に行ってきました。

次男は全く興味無く、入る気はさらさら無さそう。でも三男は「面白かった!入りたい!」と。

いつも双子一緒なので、三男だけ入るというのもアイデンティティになるし、いいんじゃないかなと思い、私は乗り気でしたが、ダンナ様は渋い顔。

自分でも教えられることを、大金払って他人に教えてもらうというのは気が乗らないのだそうで。

私の料理教室と同じですね。

しかも一番渋っている原因は「教室の雰囲気がお洒落じゃない。使ってるブロックもダサい」と。そこかい!

そんなこんなで、まる1日ああでもないこうでもないと散々議論した結果、結局ダンナ様が家で教えることになりました。

実は三男がプログラミング教室に通うかもという話をしたら、長男が例のごとく「自分も習いたい」と言いだし、面倒なことになってたのですが、ダンナ様が教えるなら余分にお金もかからないし、時間の無い長男も好きな時に勉強できる。

三男もはじめは「お父さんじゃなくて教室で習いたい」と言って聞きませんでしたが、最終的には折れてくれました。

もし別のやりたいことができて、それがお父さんもお母さんも教えられないことだったら、習いに行っていいからね。と言いました。

 

買ったのはダンナ様が目をつけていた、ソニーのクーブ。お値段51,690円。

高っ!!と思いましたが、教室に通うことを考えれば安いもんか。

しかも確かに失礼ながら教室で使っているアーテックのものとは比べ物にならないくらい可愛いです。

 

 

 

いくつか作ってみた中の2つ。

動きも可愛らしく、さすがソニー!と思いました。

 

プログラミング能力を今から身につけてほしいとはあまり思いませんが、具体的な目的を自分で思い描き、その達成のために試行錯誤する努力をする経験は意味のあることだと思います。

料理教室もそうだけど、親が教えるとどうしても甘えが出てしまうのではないかというのが一番の懸念材料。

でもプログラミングに関しては、もうクーブを買ってしまったので後には引けません!

責任を持ってダンナ様に教えてもらおうと思います。

posted by saya | 01:18 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
少しご無沙汰してます

8月末から仕事が倍に増えてしまい、何だかんだで忙しい日々を送っています。

 

いよいよ車の運転を始めました。

月曜日は早速長男の習い事の送り迎えをしました。

怖かった・・・。

そして明日はさらに遠いところに双子を連れていかなければいけません。

大丈夫なのかなあ。

 

今現在週4で習い事が入っていて(しかも金曜はダブルなので計5つ)、そのうち4つは車での送り迎えが必要。

いつか事故る気がしてならない。

 

ところで、今日はダンナ様が夜勤明けだったので、二人で北浜のノースショアというお店にモーニングしに行きました。

 

まあなんとインスタ映えしそうな料理。

お客さんもインスタやってそうなスタイリッシュな人ばかりでした。

私たちはちょっと場違い感が・・・(笑)

 

とにかく凄い人気店で、平日の10時前だというのに満席。

帰る頃には外に列ができてました。

コーヒーをゆっくり飲みながらまったりするのが目的だったのに、色々な意味で全然違った感じになってしまいました。

こんな奇抜な料理を食べるはずじゃなかったし、こんなに満腹になる予定でもなかった(笑)

まあでも楽しかったです。

世の中には色々なお店があって、それぞれにその場所を求めて来るお客さんがいる。

本当に人の好みは多種多様だなあと思いました。

 

そのうち大阪でも自分の好みにぴったり合うお店を見つけたいです。

posted by saya | 02:09 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |