Search this site


<< マリアージュ | TOP | tatin >>
オートキャンプ入門

 武蔵野市の野外活動センター主催のオートキャンプ入門に参加しました。
実は私、小学生のころはガールスカウトに入っていたのですが、逆にその時の思い出がトラウマになり、虫が大嫌いになってしまい、それ以来キャンプなんてしようとも思いませんでした。
しかし、長男が小学校で今回のオートキャンプのお知らせをもらってきて、行きたいと言うので、一念発起して申し込んでみました。

   
場所は相模湖プレジャーフォレスト内のオートキャンプサイト。
「オートキャンプ入門」という名前のとおり、キャンプ初心者を対象にしたイベントで、テントの張り方から食事の作り方、キャンプ用品の説明など手取り足取り教えてくださり、とても安心でした。
キャンプをしたのは20年以上ぶりですが、今のキャンプ用品ってすごい進化してるんですね。
テントを張るのもタープを張るのも、思ったよりずっと簡単にできました。

残念だったのは、初日が雨だったこと。
子供たちは全身泥だらけになるし、何かと大変でした。
でも講師の方が、はじめが大変だと次からはとても楽に感じるとおっしゃっていました。

    
テントを張ったら夕ごはんの準備。
いくつかメニューが用意されていて、くじ引きで誰が何を作るか決めました。
全部ダッチオーブンを使ったメニューでした。
私たち家族が引いたのは手羽大根。
渋い・・・。
味付けはほぼ麺つゆのみ。
切って麺つゆ入れてひたすら煮込むだけです。

ダッチオーブンってどんなものだか良く知らなかったのですが、要は超厚手の鍋ですね。
ふたが重いので、水蒸気が逃げにくく、圧が多少かかるらしいです。
あとはふたの上に炭を載せれば上からも下からも加熱できるので、オーブンのような効果が期待できるようです。
それからもちろん厚手なので、冷めにくい。
まあそのかわり温まるのにも相当時間がかかりますが・・・。

結局1時間半くらい煮込んだのかなあ(あいまい)。
まだ若干大根が硬かったですが、なんとか出来上がりました。
味は・・・麺つゆです。
本音を言えばもうちょっと面白い料理が作りたかったような・・・。
多分うちの家族のメニューが一番地味だったかも。
他の家族はジャンバラヤとか鶏の丸焼きとか作ってました。

     

上写真の一番左が出来上がった鶏手羽。
その右2枚はそれ以外の他の参加者の方が作った料理です。
並行してスタッフの方が段ボールで作った燻製ボックスを使って、チーズ、しめさば、かまぼこ、魚肉ソーセージの燻製を作ってくださり、みんなで食後に食べました。
偏食の双子は料理の方はほとんど食べなかったのに、スモークチーズは長男と一緒にガツガツ食べまくり、スタッフの方に「そんなに食べたらお腹壊しちゃうよ」と止められていました・・・。

夕飯を食べたら、すぐに寝る時間。
私のガールスカウト時代の一番のトラウマは夜のトイレでした。
壁が見えないくらい一面に蛾が貼りついていて、それはそれは恐ろしい光景でした。
しかし今回は雨が降っていたからなのか、全体的に虫がとても少なく、トイレにも小さな蛾が1〜2匹いただけでした。
それでも十分怖かったですが・・・。
でも思ったよりは全然ましで、本当に良かったです。

起きたら朝ごはん。

   
ホットドッグを作りました。
ドッグパンにソーセージとチーズを挟み、アルミホイルでくるんだものを牛乳パックに入れ、それに直接火をつけて、牛乳パックが全部燃え切ったらできあがり。
これは子供たちもとても楽しそうでした。

朝ごはんを食べ終わったら、キャンプ用品の説明を受けて、テントを片づけておしまい。
あっという間でした。
ほぼテント張ることとご飯作ることしかしてないような・・・。
でも子供たちは楽しそうでした。
私は・・・どうだろう。
やっぱりあんまり好きじゃないような・・・。
でもせっかく習ったし、ダンナ様もまた行く気満々なので、とりあえずこの夏もう1度行くことにします。

武蔵野市でテントやらダッチオーブンやら色々無料で貸し出してくれるのはとてもありがたい。
個人的にはダッチオーブンでホットケーキ作ってみたいなあ。
あと燻製もやりたい。
そんなことを考えていたら、ちょっと楽しみになってきました。

posted by saya | 14:48 | キャンプ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック