Search this site


<< 少しご無沙汰してます | TOP | 折り紙 >>
料理教室とプログラミング教室

引っ越し前にやろうかどうしようか悩んでいたわが子たちへの料理教室、ようやく第1回を開催したので、cookingのページに料理教室のページを作ってみました。

久々に新しいコンテンツを作っていたら、以前長男の離乳食を作っていた時のページなんかも見つけ、懐かしくて思わずついでに復活させてみました(笑)

 

話は変わりますが、三男が学校帰りにプログラミング教室のチラシをもらったらしく、「入りたい」と言ってきました。

長男は好奇心が旺盛で次から次へと習い事に入りたがり、「もうこれ以上はできません!」というくらいやっているのですが、双子はどちらもあまり習い事に積極的なほうではなく、長男に比べると習い事はとても少ないです。

そんな三男がやりたいと言ってくれたことが嬉しく、とりあえずダンナ様と双子と一緒に体験教室に行ってきました。

次男は全く興味無く、入る気はさらさら無さそう。でも三男は「面白かった!入りたい!」と。

いつも双子一緒なので、三男だけ入るというのもアイデンティティになるし、いいんじゃないかなと思い、私は乗り気でしたが、ダンナ様は渋い顔。

自分でも教えられることを、大金払って他人に教えてもらうというのは気が乗らないのだそうで。

私の料理教室と同じですね。

しかも一番渋っている原因は「教室の雰囲気がお洒落じゃない。使ってるブロックもダサい」と。そこかい!

そんなこんなで、まる1日ああでもないこうでもないと散々議論した結果、結局ダンナ様が家で教えることになりました。

実は三男がプログラミング教室に通うかもという話をしたら、長男が例のごとく「自分も習いたい」と言いだし、面倒なことになってたのですが、ダンナ様が教えるなら余分にお金もかからないし、時間の無い長男も好きな時に勉強できる。

三男もはじめは「お父さんじゃなくて教室で習いたい」と言って聞きませんでしたが、最終的には折れてくれました。

もし別のやりたいことができて、それがお父さんもお母さんも教えられないことだったら、習いに行っていいからね。と言いました。

 

買ったのはダンナ様が目をつけていた、ソニーのクーブ。お値段51,690円。

高っ!!と思いましたが、教室に通うことを考えれば安いもんか。

しかも確かに失礼ながら教室で使っているアーテックのものとは比べ物にならないくらい可愛いです。

 

 

 

いくつか作ってみた中の2つ。

動きも可愛らしく、さすがソニー!と思いました。

 

プログラミング能力を今から身につけてほしいとはあまり思いませんが、具体的な目的を自分で思い描き、その達成のために試行錯誤する努力をする経験は意味のあることだと思います。

料理教室もそうだけど、親が教えるとどうしても甘えが出てしまうのではないかというのが一番の懸念材料。

でもプログラミングに関しては、もうクーブを買ってしまったので後には引けません!

責任を持ってダンナ様に教えてもらおうと思います。

posted by saya | 01:18 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは〜!!
お久しぶりです!少し前の日記なのに、今更コメントしてしまってすみません。
なんだか拝見してると、sayaさんご家族は新しい土地に慣れるのがすごく早いような気がします。引っ越しや転勤にも慣れってあるのかな〜?でもまだ2回目ですよね?
子供たちの習い事にこれだけ一生懸命になってあげられるのも、本当にすごいです。
習い事を全くしたがらないうちの子供たちにも、sayaさんの子供たちを見習って欲しいです…。
2017/10/01 7:13 AM by おかめ
おかめさん、お久しぶりです〜!!
こちらに来てまだ知り合いがほとんどいないので、お友達とコミュニケーションとれることが嬉しいです(笑)

いや〜まだまだ全然慣れてないですよ・・・
とにかく知り合いがほとんどいないので、家族以外の誰ともほぼ喋らず、ひっそりと生活しております。
小学校の授業参観とかにもまだ一度も行ってないので、ママたちがどんな感じなのかも心配です(笑)

習い事は全然一生懸命じゃないですよ。
私からしたら毎日勉強見てあげてるおかめさんの方が何十倍もすごいと思います。
私は毎日の音読ですらサインを忘れるほど適当です。
2017/10/02 7:32 PM by saya
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック