Search this site


<< 車買い替え | TOP | 京都とシナモロール >>
嫌いではなく合わない
双子が良く私の作ったご飯を「美味しくない」と言います。
そういう時ダンナ様が「美味しくないんじゃない、○○くんの口に合わないだけでしょ。お母さんに失礼だから美味しくないと言うのはやめなさい」と言ってくれます。

人に対してもそうだなと思う。
ちょっと嫌なことがあっても、嫌いと言ってはいけない。自分と考えが合わないだけだなと。
最近急に色々な人と関わるようになって、本当に色々な人がいると感じます。
でもどんな人でも、その人自身を嫌ったり悪口を言ったりしないようにしたいです。
ただ自分と合わないだけ。
自分の方が間違ってるかもしれないし。

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉は素晴らしい言葉で、良くないなと思うことがあっても、それはその事柄に対してであって、その人自身が良くない人なわけではない。
良いところだってたくさんあるはず。 そう思って人と接したいと思います。

とにかく謙虚さを忘れずに日々生きたい。


久し振りの完全独り言でした。
posted by saya | 22:33 | ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック