Search this site


<< エプロンの柄 | TOP | カジビデキ >>
PTAについて

今年度、縁あって(?)子どもたちの小学校のPTA改革検討委員会に参加し、PTAの抜本的な改革に携わりました。

改革案は可決され、来年度から新しいPTAの形に変わります。

私は途中参加なので、骨組みが既にできているところに乗っかっただけ。

骨組みを作った人たちは本当にすごいなあと思います。

 

私も前の学校でPTA役員をやりましたが、どうしても「やった人が損」という罰ゲーム的なイメージがあった感は否めない。

私も自ら進んでやりたいと思ったわけではないもんなあ。まあやったら楽しかったけど。

罰ゲーム的な感じになっちゃうのは、「PTAは義務」だと誰もが思ってるからだと思います。

毎年やっていることを、前と同じようにこなすだけ。

中にはみんなが必要と思ってるものもあるけど、そうでないものもある。

でもやらないという選択肢は無く、絶対に誰かがあてがわれるというシステム・・・

 

そもそもPTAは保護者が自ら学校と関わるためにあるものなんですよね。

入学当初はきっとみんな「学校と関わりたい」と少なからず思っていたはず。

でも、PTAを通しての学校とのかかわり方が限定的で不透明で納得いかないから、みんな離れて行ってしまうのではないかな。

 

私たちの学校は来年度からは「あった方が良いと思うPTA活動は、自ら立候補して企画運営してもらう」という形に変わります。

今までやっていた活動でも、誰も必要だと思っていないなら無理して続ける必要は無い。

逆に今無いけどやりたいと思う活動があれば、承認されれば立ち上げることができます。

結果的に来年度は、今まであった活動は全部立候補があり存続、さらに新規の活動が1つ増えることになりました。

 

PTA活動は「義務」ではなく「権利」なんですよね。

自分の子供が通う小学校を、親目線でより良くしていける権利。

あと、学校を通して保護者が子どもたちと一緒に楽しめる権利。

なので、たとえば積極的に参加しない人に対して文句を言うのはおかしい。

興味が無い人は無理に参加しなくていいんです。

「そんなこと言って、もし誰もPTAに参加しなくなったらどうするの?」という意見もあるでしょうが、みんなが学校と関わることに興味が無いなら、そもそもPTAが存在する意味は無いですよね。

 

私が一番嫌なのはPTAのしがらみから生まれる、親同士のネガティブな空気感。

「やりたくないけど、仕方ないから嫌々やる」という気持ちがあるから、PTAに対して文句を言ったり、やらない人を吊るし上げたりするんですよね。

みんながPTAに対して楽しく前向きに、自分の問題として捉えてくれたら良いのになと思います。

 

とにかくみんな他人に対して文句が多い(笑)!!

価値観も、置かれている状況も人それぞれなのだから、他人をとやかく言う筋合いは無いのではないのかな。

他人は他人、自分は自分。

だいたい文句を言ったって何も変わらないですしね。

「あの人嫌、このやり方嫌」って意見は意味が無い。それを変えるような前向きな意見を出して、実際に動いて欲しいなあと思います。

 

最終的にはただの愚痴になってしまった・・・

来年度からの方がむしろ本番なので、よいPTAの形に持っていけるように努力したいです!

posted by saya | 12:51 | ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック