Search this site


カジビデキ

この前たまたまカジヒデキの「ラ・ブーム」を耳にして無性に聴きたくなり、CD引っ張り出してきました。

やっぱり最高。日本人のポップスで一番好きと言ってもいいほど好きな曲です。

リリースは1997年!20年以上前か・・・うーん。

最近の曲も聴かねば!と思うけど、どうもどれもピンと来ない。

この人センスいい!って思える人がなかなかいないのですが、これは私のセンスが完全に時代遅れになってるだんろうな。悲しいけど。

 

あとはそんなに頑張って聴いてないから、結局有名な曲しか知らない。

もっと色々聴けば好みのアーティストが見つかるのかもしれないなあ。

 

そういえばSASUKEの「平成終わるってよ」は好きでした。

これ全部自分で作ってるのかな。だったら末恐ろしい15歳だなあ。

 

ちなみに今カジヒデキって何してるのか気になって調べてみたら、結婚してました。びっくり。

 

 

posted by saya | 14:31 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
PTAについて

今年度、縁あって(?)子どもたちの小学校のPTA改革検討委員会に参加し、PTAの抜本的な改革に携わりました。

改革案は可決され、来年度から新しいPTAの形に変わります。

私は途中参加なので、骨組みが既にできているところに乗っかっただけ。

骨組みを作った人たちは本当にすごいなあと思います。

 

私も前の学校でPTA役員をやりましたが、どうしても「やった人が損」という罰ゲーム的なイメージがあった感は否めない。

私も自ら進んでやりたいと思ったわけではないもんなあ。まあやったら楽しかったけど。

罰ゲーム的な感じになっちゃうのは、「PTAは義務」だと誰もが思ってるからだと思います。

毎年やっていることを、前と同じようにこなすだけ。

中にはみんなが必要と思ってるものもあるけど、そうでないものもある。

でもやらないという選択肢は無く、絶対に誰かがあてがわれるというシステム・・・

 

そもそもPTAは保護者が自ら学校と関わるためにあるものなんですよね。

入学当初はきっとみんな「学校と関わりたい」と少なからず思っていたはず。

でも、PTAを通しての学校とのかかわり方が限定的で不透明で納得いかないから、みんな離れて行ってしまうのではないかな。

 

私たちの学校は来年度からは「あった方が良いと思うPTA活動は、自ら立候補して企画運営してもらう」という形に変わります。

今までやっていた活動でも、誰も必要だと思っていないなら無理して続ける必要は無い。

逆に今無いけどやりたいと思う活動があれば、承認されれば立ち上げることができます。

結果的に来年度は、今まであった活動は全部立候補があり存続、さらに新規の活動が1つ増えることになりました。

 

PTA活動は「義務」ではなく「権利」なんですよね。

自分の子供が通う小学校を、親目線でより良くしていける権利。

あと、学校を通して保護者が子どもたちと一緒に楽しめる権利。

なので、たとえば積極的に参加しない人に対して文句を言うのはおかしい。

興味が無い人は無理に参加しなくていいんです。

「そんなこと言って、もし誰もPTAに参加しなくなったらどうするの?」という意見もあるでしょうが、みんなが学校と関わることに興味が無いなら、そもそもPTAが存在する意味は無いですよね。

 

私が一番嫌なのはPTAのしがらみから生まれる、親同士のネガティブな空気感。

「やりたくないけど、仕方ないから嫌々やる」という気持ちがあるから、PTAに対して文句を言ったり、やらない人を吊るし上げたりするんですよね。

みんながPTAに対して楽しく前向きに、自分の問題として捉えてくれたら良いのになと思います。

 

とにかくみんな他人に対して文句が多い(笑)!!

価値観も、置かれている状況も人それぞれなのだから、他人をとやかく言う筋合いは無いのではないのかな。

他人は他人、自分は自分。

だいたい文句を言ったって何も変わらないですしね。

「あの人嫌、このやり方嫌」って意見は意味が無い。それを変えるような前向きな意見を出して、実際に動いて欲しいなあと思います。

 

最終的にはただの愚痴になってしまった・・・

来年度からの方がむしろ本番なので、よいPTAの形に持っていけるように努力したいです!

posted by saya | 12:51 | ひとりごと | comments(0) | trackbacks(0) |
エプロンの柄

三男に続き、次男もインフルに感染してしまいました。とほほ・・・。

 

久々の更新なのに、くだらない話でごめんなさい。

先日長男が学校でもらってきた、家庭科で作るエプロンのカタログ。

 

 

 

女子はまだいいんですけどね・・・男子用のセンスがすごすぎる。

「武士道」とか何?料理に武士道を求めるのか!?

他にもチャンピオンやらアスレタ(サッカーブランド)やらのショップ店員用エプロンにしか見えない、ロゴがでかでかとプリントされたもの多数。

 

そういえばこの前の裁縫バッグも全く同じ感じだったなあ。

「侍JAPAN」と大きく書かれた裁縫バッグとか。

侍JAPANと裁縫に何の関係が・・・。違和感しか感じない・・・。

長男は星柄のデニム調のものを選んだのですが、同じ柄を選んだのは女子しかいなかったと。

そうなのね!!これを選ぶのは女子なのね!!とびっくりしたものです。

やっぱり周りの男子はだいたいスポーツブランドの裁縫バッグを選んだそうな。

 

今回もきっとみんなスポーツショップの店員エプロンを選ぶんだろうなあ。

posted by saya | 12:06 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

年末に三男がインフルエンザにかかってしまったため、年末年始は帰省を取りやめ家でのんびり過ごしました。

8年ぶり?くらいの帰省しないお正月。

たまには家族だけで年越しするのもいいなと思いました。

おせちを作ることも考えたのだけど、何しろ子供たちが全く食べないのでやめました。

かく言う私もおせちってあんまり好きじゃないしなあ。

今度機会があったら洋風のおせちとか作ってみようかな。

 

明日から子どもたちは新学期ですが、またしても三男が熱が出ております・・・。

またインフルだったらどうしよう。

posted by saya | 18:55 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都とシナモロール

大阪に引っ越してきてから一年と2カ月が経ちましたが、出不精の子供たちのおかげで、ほとんど近隣の県に遊びに行けていません。

特に京都は私たち夫婦はすごく行きたいけど、子供たちは全く興味無さそう。一番温度差大きい県です。

今回ダンナ様が平日休みになったので、この隙に京都に行ってきました。

私がお菓子教室に通ってた頃(12年前!)の京都とはずいぶんお店も変わってそうで、せっかくだから新しいお店にも挑戦したい気持ちもあったのだけど、やっぱり思い出のお店に行くことにしました。

 

 

 

モーニングを食べにイノダコーヒーへ。

今回は本店に伺いました。

  

 

酸っぱいコーヒーにミルクと砂糖を入れた独特の味が衝撃的なお店。

懐かしい味でした。

 

パンを買いにル・プチ・メックへ。

本当は今出川のお店に行きたかったけど、行きやすい御池店に行きました。

 

 

四條烏丸〜四條河原町付近をぶらぶらしていたら、あっという間に帰る時間に。

ラ・ヴァチュールに寄ってタルトタタンを買って帰りました。

 

 

もっと行きたいお店いっぱいあったなあ。

アンジェ本店とか恵文社にも行きたかった。

またこういう機会があることを願って、次回に取っておきます。

 

なんばパークスに次男の好きなシナモロールのキッチンカーが来ているとお友達から聞き、週末に行ってみました。

長男は興味無いというので、双子だけ。

最近このパターンのお出かけが多いです。

長男も1人の時間が欲しいんだろうな。

自分にもそういう気持ち、覚えがあるし、寂しいけど認めてあげるべきなのかなと思っています。

 

 

可愛い車に私も興奮!

メニューが2種類しかないので、「ショボい」と言われそうで心配でしたが、双子はシナモロールの顔が載ったパフェを食べて大満足。

特に次男はすごく嬉しそうで、良いお出かけになって一安心でした。

 

今回このキッチンカーについて調べていて初めてシナモロールのカフェが京都にあることに気付きました。

何で今まで知らなかったんだろう・・・しかも次男が一番好きなカプチーノのメニューもあるではないか。

これを餌に京都に連れて行くかな。

posted by saya | 10:27 | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |