Search this site


京都土産
 奈良、京都で買ったお土産たち。
こちらはオ・グルニエ・ドールの焼き菓子です。
奥に写ってるのはパン・デピスです。
一口サイズのカヌレ型で焼いています。
これがすごく美味しかった!
甘さと言いスパイスの効き具合と言い、とても好みの味です。
かなりパンチのある味ですが、一口サイズなのでちょうど良い。
しかも表面積が大きいので香ばしさも強くて美味しいです。
ほかの焼き菓子も良く焼けていてメリハリがあって美味しかったです。
期待していたフィナンシェは普通でしたが・・・。

こちらはミディ・アプレミディの焼き菓子。
ガレット・ナンテーズとリンツァ。
どちらもとても美味しかったです。
サブレはざっくり感、焼け方、もちろん味もかなり好みでした。
そしてリンツァ!
これがすごく美味しかったです。
かなりスパイスの効いた渋いパウンドケーキですが、上のラズベリージャムの甘酸っぱさにより、全体的にとっつきやすい味になってます。
ミディ・アプレミディはあまり好みじゃないかもと思っていたので、控えめにしか買わなかったのですが、もっと買えばよかったです。タルトも美味しかったし。

こちらは西尾八つ橋の「おまん」というお菓子。
生八つ橋をおまんじゅうの形にしたようなお菓子です。
これは微妙でした。
美味しくないわけではないけど、生八つ橋はあの形状の方が美味しいと思いました。
皮が生八つ橋に比べて厚いため、ざらざら感が気になる。
あと生八つ橋のように表面に粉がまぶされていないのも食感の悪さを助長している気がします。

こちらは奈良の天極堂で買った葛餅。
左は普通の葛餅です。
常温で恐ろしいほど日持ちするのであやしいなあとは思ったのですが、やっぱり葛餅とは別物。
そりゃそうだ。仕方ないですよね。
固いし、葛餅特有のもちっとした食感が弱いです。
右は「ぷるるん」というシリーズ。
これはまた何とも歯切れの良い!
これは完全に葛餅ではありません。
むしろゼリーに近いような・・・。
posted by saya | 19:11 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
Amy's Bakeshop
最近ブルータスに載っていて知ったAmy's Bakeshop にちょっとハマっています。
西荻窪ってすごく近いのに全然お店を知らない。
道が入り組んでるし、ちいさい店がすごくいっぱいあるんですよね。
こんなに美味しい店を今まで知らなかったことをちょっと後悔してます。

一番好きなのは左写真右側のハミングバードというケーキ。
ベースはバナナケーキなのだと思いますが、スパイスが効いている。
空炒りしたくるみや細かく刻んだレーズンも良いアクセント。
砂糖も何かコクのある、茶色い砂糖を使っている気がします。
マフィンも美味しい。外側がカリカリです。
チーズケーキもなかなか好みの味。
頻繁に通ってしまいそうです。

同じく西荻の「macaron et chocolat」のマカロンも今日初めて買ったのですが、意外に(と言っては失礼ですが)美味しかったです。
アールグレイとキャラメルを買いましたが、どちらも素材の味がとても強く好感が持てました。
西荻窪、もっと色々調べたいなあ〜。
posted by saya | 15:42 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
レトルトカレー
 土曜日のお願い!ランキングGOLDのレトルト食品総選挙。見ましたか?
私はインフルエンザでダウンしていたのですが、あまりに興味深い番組だったのでついつい見てしまいました。
ホームページにレトルトカレーのページを作ってしまうほどレトルトカレー好きなので・・・。

1位は明治の銀座カリー 中辛。多分食べたことない。
ということでさっそく今日食べてみました。
感想は・・・う〜ん。
ご興味があればこちらをご覧ください。
posted by saya | 13:00 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
肉料理の会 オステリアナカムラ
 10月の肉料理の会、アップするのをすっかり忘れてました。
最後の肉料理の会なのに・・・。

最終回は六本木オステリアナカムラの豚肉のバルサミコ煮。
豚肩ロースをバルサミコとブイヨンのスープで煮込んでトロトロにしたと説明書きに書いてあります。
確かに豚肉はトロトロ。
でもバルサミコの酸味が強いわりにコクがあまり無く、そのおかげでバルサミコの酸味だけが目立っている気がします。
美味しくないわけではないですけどね。

なんだか文句ばかりの肉料理の会でしたが、それなりに楽しかったです。
しばらくベルメゾンの頒布会はお腹いっぱいですが、忘れた頃にまたいい会があったらやってしまうかも(笑)
posted by saya | 20:28 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョエル・ロブション
 友人と3人で、恵比寿のジョエル・ロブションに行きました。
ずっと前から行きたいとは思っていたのですが、なんだか身分不相応というか、今自分が行っても正しく価値を理解できないような気がしていました。
でも考えてみれば、いつまで東京にいるかも分からないしなあ〜と思い、友人に誘ってもらったのを機に行くことにしました。

12時に入店して、出てきたらなんと16:30。
あと30分もすれば下手すりゃ夕飯じゃないですか!
ランチでこんなに時間かかったの初めてです。びっくり。

感想としては、思ったよりクラシックな、分かりやすい料理でした。
もっと見たこともないような斬新な調理法の料理とか出てくるのかと思っていたので意外でした。
ランチだったからというのもあるかもしれませんが。
どれも安心する味。和っぽい要素があるためかもしれませんが。
丁寧に作られていて、もちろん美味しかったです。

確かに昔ダンナ様にもらったジョエル・ロブションの料理本もかなりクラシックな印象だったしなあ。

ワインも、全部グラスで注文したからかもしれませんが、フランス南西地方のワインとか、アメリカのオレゴン州とか、意外にリーズナブルなワインが多かったです(お店での値段はあまりリーズナブルではありませんでしたが(笑))。

結局一番お高いコースにワイン4杯とチーズ。
目いっぱい楽しみました。
そして目いっぱい散財してしまった・・・。

最近普通のレストランにすらろくに行っていない状況でしたが、やっぱり一流のシェフの料理を食べるのはとても勉強になるし刺激になりますね。
たまには行くべきだなあと思いました。
でもこのクラスは数年に1回くらいでいいや。
贅沢すぎて目が潰れそう・・・。
posted by saya | 11:23 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
肉料理の会 イル・ギオットーネ
 永遠に続くかに思われたベルメゾンの肉料理の会も、今回を入れて残すところあと2回です。

今月はいよいよイル・ギオットーネです。
「鶏とキャベツとドライトマトの生七味風味」。
鶏の骨付きもも肉とキャベツ、ひよこ豆、ドライトマトの白ワイン煮込みなのですが、昆布だしで煮込んでいるところと、七味が効いているところが変わっています。
基本はポトフ的な味なのですが、昆布だしの効果によってどことなく鍋っぽい雰囲気。
それとドライトマトの酸味が合わさってなんとも個性的な味になってます。
〆にご飯やパルミジャーノを入れてリゾット風にすると良いと書いてあったので、そうしてみたのですが、ご飯が入ると、ますます鍋っぽさが増します。
私はイル・ギオットーネには行ったことないのですが、なるほど。こういうコンセプトのお店なのですね。
とても斬新で、なおかつ美味しかったです。
しかし残念なのは、今回も鶏肉が美味しくない。
パサパサです。
これは仕方ないことなのでしょうか。

来月で肉料理の会も終わりかあ・・・。
文句ばかり書いてきたけどさみしいなあ。
最後はどこのお店なんだろう。
posted by saya | 02:10 | 食べ物 | comments(2) | trackbacks(0) |
8月の肉料理の会
8月の肉料理の会は、白金「オー・ギャマン・ド・トキオ」の牛すじのフレンチカレー煮でした。
普通のカレーよりさらさらしていますが、ほぼカレーです。
ダンナ様は「牛すじ自体、肉と呼べるか微妙なのに、カレーだなんて!「肉料理の会」でこんなメニューを出していいのか」と言っていましたが、私はカレー好きなので、いいです(笑)。

 果物の甘みが強い、正統派の欧風カレー。トマトの味が少し強いかな。
クオリティ的には肉料理の会の中では高い方かもしれません。おいしかったです。
ただご飯に合わせたので、お酒は進みませんでした(笑)。
posted by saya | 23:12 | 食べ物 | comments(2) | trackbacks(0) |
7月の肉料理の会
7月の肉料理の会は、いよいよレストランキノシタ!
子羊と野菜の煮込みでした。
私は羊が大の苦手なので、大丈夫かなあ・・・と不安でいっぱいだったのですが、案の定ダメでした。
一口も食べられませんでした。
ダンナ様は美味しいと言って食べていたので、きっと美味しいのでしょう。
ラタトゥイユの中に子羊が入っているような料理。
ナスは揚げてあったりと手が込んでいて、多分羊が入っていなかったら美味しかったような気がします。
でも野菜の方にも羊の味が移っていて、何口か食べたところでギブアップしました。
1年の中で楽しみにしていた3つのうちの1つだっただけに残念です。
なぜよりにもよって子羊・・・。
 
posted by saya | 22:54 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
肉料理の会
このベルメゾンの肉料理の会、いったい何のためにブログに書き続けてるのか分からなくなってきた・・・。
まあせっかく始めたので、最後まで書こうと思います。

6月の肉料理の会は大阪「ラ・トォルトゥーガ」というお店の「牛肉のカルボナード」
聞いたことない料理名ですが、ベルギー料理のようです。
カルボナードとはビール煮のことらしい。
飴色に炒めた玉ねぎと一緒に煮込むので、甘味ととろみも感じられます。

しかしながら、ビールの苦みが強い!
私はビールが苦手なので、ことさら敏感なのかもしれませんが、黒ビールのようなあの苦味が口の中でどんどん蓄積されてゆき、結局私は1切れしか食べられませんでした。
しかしダンナ様は全然苦くないとのこと。
私が「苦い」と言っても「え?どこが?」みたいな感じでした。

昔自分でビール煮を作ったときは全然苦くなかったんだけどなあ。
入れてる量が半端ないのか、あるいは使ってるビールの味が違うのかなあ?

今日はイタリアの赤ワイン、ロッカモラ/スコラ・サルメンティ 2008。
肉料理の会の説明には、合うお酒「赤ワイン」と書いてあったのですが、赤ワインは合わない。
一口しか食べてませんが・・・。
どちらかと言うと酸味が少なくてそこそこボディのある白の方が合うんじゃないかなあ。

今日のワインはネグロ・アマーロ100%。
レーズンのような甘い香りと木の皮の香り、コーラのようなスパイシーさのあるワインでした。
アルコール度数13.5%とありましたが、もっと高いような印象を受ける。

イタリアのワインは全く疎く、まるでわかりません。
あまり好きではないというのもありますが・・・。
イタリアワインって、フルボディと書いてあっても、やはりボルドーの重さとは全然比較にならない。
それだけど渋みとか味わい自体は結構あって、その味の強さとボディの弱さのバランスがどうも自分の中でしっくりと来ないのです。
もっと詳しくなりたいと思うけど、飲んでも飲んでも良く分らない・・・。
posted by saya | 01:15 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |
肉料理の会
 5月の肉料理の会は大阪アキュイールの豚バラ肉の白ワイン煮でした。
白ワインと鶏ブイヨンが効いた、トマトベースのソース。
ごくごくスタンダードな味付け。
このシリーズの中では美味しい方かもしれませんが、もう1つ何か特筆すべき点があったらよかったんだけどなあ。

豚肉が丸い形なのが面白い。
身と脂を一緒に食べられるようにというシェフのこだわりのようです。

ワインはメルシャンのきいろ香2010。
甲州とは思えない酸味とボディの強さ。
きいろ香を飲んだのは3回目だけど、こんなに酸っぱかったっけ!?
まるでシャルドネのようです。
甲州でもこんなワインが作れるんだなあ。
posted by saya | 18:21 | 食べ物 | comments(0) | trackbacks(0) |